懐かしの高級コンパクトカメラ

90年代は、フィルム・フィルムカメラが全盛だったことは言うまでもないことですが、普及機とは別に高級コンパクト機と呼ばれるカメラを各社が作っていました。

リコー GR1s、コンタックス T2 、コニカ HEXAR、ミノルタ TC-1、ニコン 35Ti/28Ti 等が発売されていました。

どれも一眼レフカメラの写りに匹敵する画質であることが”高級コンパクト”の一番の特徴で高性能レンズを搭載していました。

また、全てオートで撮影するだけでなく、任意に絞り値を選べたり露出値を変えることができました。

個人的に所有しているカメラはニコン 35Ti ですが、久しぶりにフィルムを詰め込んで使ってみました。

ニコン高級コンパクトカメラ35Ti

当時、何機種も売られていた高級コンパクトカメラの中で、クラシカルなデザインと表示部(下写真)が気に入ってニコン 35Ti を買いました。

レンズもニコンがそれまで高画質な一眼レフ用のレンズにしか名付けなかった”NIKKOR”が、初めてコンパクトカメラのレンズに付いた記念すべきカメラです。

この時代はコンパクトカメラはおろか、一眼レフカメラでも(最高級のニコンF-4やキャノンEOS-1でさえも)ボディー素材はプラスティックであったのに、ニコン 35Ti はチタンで出来ていたのも、このカメラが欲しいと思った一因です。

Nikon 35Tiの上部写真

4本の針を使ってアナログっぽい雰囲気を出しています。

左側がピント距離、右側が絞り(F)値、中央上側がフィルム撮影枚数表示「36枚撮りフィルムを入れて現在24枚写したところです。現在25枚目と表示(針が指しています)しています。」 

そして中央下側で露出補正値を表示します。

関連記事

PENTAX I-10を見て懐かしく思いました。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ