ぼかしコントロール機能搭載のFinePix F70EXR

昨日書き込みました通り、背景をぼかして写す のは、撮像素子(CCDやCMOS)が大きな一眼レフカメラや、ミラーレス機(一眼カメラ)でなければ、かなり難しいのですが、昨年発売された富士フィルムのコンパクトデジタルカメラFinePix F70EXR は、「ぼかしコントロール機能」を搭載しています。

1回の撮影で2枚(または3枚)、ピント位置をずらした画像を撮って、人物等の主要被写体を識別し、背景をぼかした写真を作り出します。

カメラでの操作もダイヤルやボタンで、「ぼかしコントロール機能」を選択して撮影すればカメラ任せで雰囲気のある写真に仕上がります。

ぼかしコントロール機能(←FinePix F70EXRの取扱い説明書より)

その他、FinePix F70EXR の特徴は、”白とび”や”黒つぶれ”が起きにくくなる「ワイドダイナミックレンジ技術」や、「高解像度技術」、「高感度・低ノイズ技術」を併せ持った、富士フィルムが自社開発した撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載したことと、この3つの新技術を自動的に切り替えて撮影する「EXRモード」と呼ばれる他社にはない撮影モードがある点です。

finepixF70exr

よくあるデザインですが、高倍率10倍ズームレンズ機です。

また、この頃から富士フィルムもそれまでのXDカードから、多くのメーカーが採用しているSDカードへと使用するメディアカードを変更しています。

(以前のFinePixの書込み:世界初!ペット(犬猫)の顔を認識。Fine Pix Z700EXR

2011年から「デジカメプリント 激安」サービスも展開しています。こちらは自動補正のみ

で、また扱うプリントサイズも絞り、コストカットのため効率を追及したものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ