色んな写真サイズで現像の注文賜っています

昨日は木曜日で休業日とさせていただいておりますので、本日は、23日の夜からご注文頂いたプリントの処理に追われています。

アスペクト比4:3のデジカメ画像からはDSCサイズ、また16:9のデジカメ画像からはHVサイズを指定頂いてプリントしていますが、只今、Lサイズが特にお安くなっていますので、4:3や16:9、さらに3:2の画面比の画像からもLサイズで多く承っています。

特に今日はコンパクトデジカメの通常設定の画面比4:3の画像に負けないくらいに、2592×1728画素などの3:2で撮影された画像が多くありました。

4:3の画像からLサイズでプリントすると、画面の上下(横写しの場合です)が少し切れますが、3:2の画像からLサイズでプリントすると、上下が切れない代わりに左右(横写しの場合です)が少し切れます。

これは、35mmフィルムで撮影し、Lサイズでプリントする時とちょうど同じ様な状態になります。

フィルムの時代から標準サイズとされてきましたLサイズですが、当時からプリントした際に少しすが画面切れを起こしていました。

35mmフィルムとプリントの縦横比が一致しないため仕方のない事でしたが、ごく稀に、仕上がりを受け取りに見えたお客様からクレームがあったことを思い出しました。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ