画素数競争の終焉?IXY 30s

キャノンから先月に発売されたのデジカメ新製品IXY 30sですが、IXYシリーズの中で現在、最上位に位置する機種です。

ixy-30.jpg

PowerShot S90と同様の、従来のデジタルカメラが苦手とした夜景や室内などの暗いシーンでもブレやノイズを抑えた美しい写真が撮れる機能を、IXYで初めて搭載したモデルになります。

さらにPowerShot S90と同じく、広角側で絞り値F2.0という明るいレンズが使用されています。

暗い場所に強くて、早いシャッタースピードで写す事も出来て手ブレと被写体ブレにも強いです。

しかし現在、他のIXYが、1200万画素~1400万画素であるのに対してこのIXY 30sは最上位機種であるにも関わらず、1000万画素であります。

ただし、IXYより上位機種であるPowerShot S90も1000万画素で画素数が同じです。(注:撮像素子のサイズはPowerShot S90の方が大きい)

この様に高画質を追求した機種が、普及機よりも画素数を少なくして発売されています。

当店で提供しているデジカメプリントの一番大きなサイズの4PWでも500万画素あればキレイにプリント出来ます。1000万画素も必要ないと以前から思っていましたが、カメラメーカーの画素数競争が止まりませんでした。

画素数はもう充分で、もはや高画質=高画素 とは限らないとキャノンが判断したのでしょうか?

1000万画素の新機種IXY 30s が市場に受け入れられるならば、画素数を競うことも一息つく可能性があります。

復活したSシリーズ PowerShot S90

<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。

写真プリントは標準のLサイズだけでなく、一回り大きくて、迫力があるKGサイズも人気があります。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ