デジカメ APPLE QuickTake150

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

2月以来、久しぶりの”こんなデジカメもありました”の第13弾です。

現在は、i-Phone さらに i-Pad が大人気のアップルですが、デジタルカメラも作っていました。

今の様にデジカメが普及する前は、色んなメーカーが参入していました。

まだまだフィルムカメラに取って代わる程の画質はなく、

写真を撮るカメラと言うよりも、パソコンへの画像取り込み装置といった

感覚で、一部のマニア向けの製品でした。

APPLE QuickTake150は、そんな時代に生まれたデジカメで、主なスペックは

640×480画素、ISO感度は85、1MBの内臓メモリーに記録、

液晶モニターなし、顔検出機能はおろかオートフォーカスもない

パンフォーカス(”写ルンです”のようにピント合わせナシ)等・・・、

多くの人が不満なく気軽に使うには程遠い物でした。

アップルノデジカメQuickTake150

関連記事

SONY DSC-H3 / DSC-R1
APPLE QuickTake200 と FUJI DS-8


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ