PENTAX 645Dに期待

中判デジタル一眼レフカメラは以前より何社から発売されていますが、今回発売されるPENTAX 645Dは、一際注目を集めています。

今までのカメラは、価格的に200万~500万円ほどしていたこともありプロの撮影機材の感覚でした。

そんな中でPENTAX 645Dは100万円を切り、価格ではキャノンのEOS-1DSやニコンのD3Xとほぼ同じになっています。

35mmフルサイズで約2100万画素のEOS-1DS、約2400万画素のD3Xと比べても、35mmフルサイズの2倍近く大きくて、画素数の約4000万画素のCCDが搭載されていますので、フルサイズ高級一眼レフ機を凌ぐ画質が得られるということと、基本的な操作は同社のAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラK-7などと変わらず、操作に直ぐ馴染めることで、ハイアマの間で話題になっています。

PENTAXだけでなく他メーカーのデジタル一眼レフ機(35mmフル・APS-C)を使ったことのある方でしたら違和感がなく使えると思います。

中判デジタル一眼レフ機も個人が趣味として使える・買うことが出来る時代になってきました。

遂に出た。PENTAX645Digital

<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ