ライカからも中判デジタル一眼レフカメラ leica S2

ライカからも同社としては初の中判デジタル一眼レフカメラが発売されます。

画素数は3750万画素でCCDサイズは45×30ミリです。

他の中判デジタルとは違い、画像のアスペクト比は35mm判と同じ3:2です。

ボディーの外装にはマグネシウムが使われ高級感があります。

デザインはも他の中判デジタル一眼レフ機とは一線を画して、EOSなどの35mmデジタル一眼レフ機に似た形をしています。

メーカーもS2は、「中判」と呼んでいますが、3:2の画面比やボディーの形状からして、35mm一眼の大型版といった感じがします。

35mmフルサイズ機より高画質な画像が得られる筈ですが、やはり値段は相当なものになっていまして、ボディーのみで約250万円

もします。標準レンズのセットになりますと300万円を超える価格になります。

中判デジタル一眼レフカメラleicaS2

leica S2からのデジカメプリントは、撮影画像の縦横比率が3:2ですので、画面切れが少ないWLサイズか、それより一回り大きなハガキ大のKGサイズがおすすめです。

<ネットプリントは実績のある「写真のフロンティア」へお任せ下さい。現像して仕上げる高品質なフジカラーデジカメプリントを激安価格でご提供しています。

当サービスなら御注文時にお客様が自由にトリミング指定をすることが出来ます。

一度ご利用いただいたお客様が、便利だとのお声を頂戴しています。>

{関連性の高い書き込み:LEICA S 中判デジタル一眼レフカメラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ