遂に出た中判デジタル一眼レフPENTAX645Digital

一時、開発が中断していて、ひょっとすると幻のカメラで終わっていたかも知れないPENTAX645Dですが、この程発売されることになりました。

撮像素子は35mmフルサイズよりも大きく44×33mmもあり、画素数は何と4000万画素もあります。ただ値段は約70万円で、なかなか手が出る金額ではありません。

そんなPENTAX645Digitalは、名前の通りに元々PENTAX645というフィルムカメラがあり、そのデジタル版として登場しました。

また、645という名前もカメラの特徴を現していまして、フィルムの1コマのサイズが6×4.5センチだったことが名前の由来です。

35mmフィルムより大きなブロニーフィルムを使って写すカメラでした。

645規格のカメラは、富士フィルムや他のカメラメーカー数社からも発売されていました。

そして、最も一般的だった35mmフィルムよりもずっと大きなフィルム面積でしたので、ニコンやキャノン、またはミノルタ等のAF一眼レフカメラよりも高画質な写真が撮れて、ハイアマチュアに人気のあるカメラでした。

そしてデジタルカメラとして登場することになったのですが、撮像素子の大きさが44×33mmで、645Dと名づけられたもののフィルムカメラの様に60×45mm(正確には56×42mm程度)はなく、一回り小さな撮像素子になっています。

これはカメラ用レンズはどれも画像の中心部が画質が良く、周辺部になるほど画質は低下しますので、良く写る中心部分を使い撮影する造りになっているのと、大きな撮像素子を搭載するとコストがかかりカメラの価格がもっと高くなってしまうからだと思います。

いずれにしましても、”デジタル中判カメラ”が人気を博し、他メーカーも製品を出して盛り上がることを期待しています。

PENTAX 645Dに期待。

(前回のデジタルカメラ新製品:PENTAX I-10

PENTAX645Dはローパスフィルターを外した風景写真専用と言っても良い中判一眼レフカメラですが、デジカメプリントは4Pや4PWなどの大伸ばしにするとその良さが際立ちます。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ