フロンティアでネガ写真プリント

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。

前々回、フィルムからのプリントについて書き込みましたが、今回は、当店が導入しているデジタルミニラボのフロンティアでのフィルムプリントについて書いてみます。

当サイトでは、全国からデジカメプリントのご注文を受け付けていて、そのプリント出力にフロンティアを使用しています。

よってフロンティアは、フジカラーデジカメプリント専用機だと、そう思われている方も見えるかもしれません。

しかし、フロンティアはフィルムスキャナー等も含めた機械で、ネガフィルムのみならずポジフィルムからもプリントが出来るミニラボなのです。

そして、それまでのアナログ・ミニラボ(フィルム・写真現像機)で仕上げるネガプリントより格段に高品質に仕上げる事ができました。

デジタルカメラが未だにフィルムに敵わない部分としてラチチュード/ダイナミックレンジの広さが有りますが、従来のアナログミニラボでは、フィルムの持っているダイナミックレンジを写真(印画紙上)に満足に再現することは出来なかったのです。

大抵の人はネガを見ても写っているのか分らなかったのですが、ネガには本当は写っているのに、写真では写っていないということが有りました。

アナログミニラボでプリント

従来のフジカラープリント

(上:アナログミニラボでプリント)

スーパーデジタルプリント

フロンティアでプリント

(上:フロンティアでプリント)

それを、フロンティアでは高性能スキャナーでフィルム情報を余すところなく読み取ってデジタル化。

それを画像処理を行い最適な画像データに変換します。

そして今までのアナログミニラボでは、一方からネガに電球で光を当て、透過光で印画紙に露光させていましたが、フロンティアは、データ化されたものをRGBレーザー光にして印画紙に露光させています。

これにより濁りやくすみ感のないシャープで鮮やかな写真にプリントされます。

しかしながら現在はフィルムの減少に伴い、高品質なネガプリントを生み出す機械としてフロンティアが能力を発揮することは少なくなりました。

驚きの写り。Nikon35Ti


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ