くれよん(kureyon .com)3月号:写真撮影の記事

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。

「くれよん」(サイト:kureyon.com)という地元で月1回無料配布されるタウン情報誌があります。

1週間ほど前に、店頭で「ピンボケしないためのフォーカスロックってよく分らない。」と説明を受けに来店されたお客様がいました。

話を伺うと、地元の情報誌「くれよん」に、「デジカメビギナーさんのための撮影テクニック講座・前編」というトピックスをご覧になられて、ここに書いてあったことについて詳しく知りたいとのことでした。

お使いのデジカメを見ると、4~5倍のズーム付きで、最高感度はISO3200、

顔認識機能と手ブレ補正機能のあるカメラでした。「くれよん」の記事は店になかったので何が書いてあるか分らなかったのですが、その場では、顔認識機能が付いているので、フォーカスロックは殆んど気にしなくても人物にピントの合った写真は撮れます。

また手ブレも特に大丈夫ですヨ。と説明させていただきました。そして、帰宅してから「くれよん3月号」の巻頭特集である撮影テクニックを読みました。

書かれている内容は全く事実と違う訳ではないのですが、デジタルカメラでの写し方として誤解を招く事も多いのではないかと思いました。

記事には対策1:手ブレを防ごう! 対策2:被写体

ブレを防ごう!対策3:フォーカスロックを使いこなそう! 対策4:至近距離での撮影は

接写またはマクロモードで! と見出しが有ります。

無料配布される雑誌「くれよん」内の写真撮影のコツを書いた記事

対策1と2についてですが、シャッターボタンを押すときは静かに押すのは説明の通り、大切です。しかし、今のデジカメは多くの機種に手振れ補正機能が搭載されています。

また、どのカメラも撮影感度は最高でISO3200程度あり、カメラ任せのオート撮影でも状況に合わせ感度を自動調整しています。

今やISO400程度なら特別に高感度でもなく常用感度であり、画質が低下するという事はありません。

対策3ですが、フォーカスエリアは一眼レフの場合は画面内に何点もあり、記事にある中抜けを起こすことは殆んど考えられません。

コンパクトデジカメは、数年前より顔認識機能が搭載されて人にピントが合う様に出来ています。さらにコンパクトデジカメの場合は顔認識機能がなくても、標準~3倍ズーム程度なら、元々ピンボケしにくい構造になっています。(ここで詳しい説明は省きますが、一言で言うと”焦点距離が短いから”で、この事は手ぶれも起こしにくい構造にもなっています。)

カメラにフォーカスエリアが画面中央に1点しかなく、ISO100が常用感度でISO400は緊急時に使用するものだと書いてある地元の情報誌くれよん3月号の「デジカメビギナーさんのための撮影テクニック講座・前編」というトピックスは、フィルム時代なら当てはまったことですが、今のデジタルカメラにはそんなに撮影時に意識する必要はないと思います。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ