写真現像とデジタルの融合「オリジナルのフロンティアfrontier」

フルデジタルミニラボ「フロンティア」登場前夜の第3弾になります。

前回同様に90年代後半のお話です。

当店では、フロンティアを導入する前は、富士フィルム製ではなくノーリツ製のミニラボQSS-19型を使っていました。

ノーリツのこの機械は、大伸ばしの4PWサイズ(もちろんネガプリントです)までプリントが出来ましたのでノーリツを使っていました。

それが富士フィルムの今度発売予定の新型ミニラボは4PWまでプリント出来るようだと問屋のセールスマンから聞かされましたが、最初、これがフロンティア「後のフロンティア350」だとは気が付きませんでした。

ノーリツに倣って、やっと富士フィルムも大伸ばしが出来るミニラボを出すのかといった程度でした。

また、このとき既にフロンティアと名付けた機械があることは知っていました。

デジタルデータを直接、印画紙にレーザー光で焼き付けて写真にするだけでなく、フィルムからのプリントもスキャナーでデジタルデータとして取り込んで写真にする革新的な機械であると、初代のオリジナルのフロンティアが紹介されていた記事を読んでいたのですが、わざわざ何のためにフィルムをデジタル化したうえでプリントする必要があるのか全く分りませんでした。

値段も数千万円もしましたので、我々のような一般の写真店には関係のない機械だと思っていました。

最新鋭のデジタルミニラボ富士フィルム製フロンティア

これが最初の「フロンティア」です。左側にあるのがフィルムスキャナーです。

プリントサイズはEサイズから最大でA4サイズまで出来ます。

フジの現像所へ見学に行ったとき実物を見たことが有ります。

当然、F-DIサービスを行うには必要でしたが、ポストカードをプリントするために導入したそうです。

これで従来より高品質に出力できると言われていました。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ