ソニーのデジカメもSDカードにCyber-shot DSC-TX7

この春、新発売のCyber-shot DSC-TX7は、ソニーのデジカメと言えば使われているメディアカードはメモリースティックかメモリースティック・デュオだったのですが、初めてSDカードが採用されました。

(メモリースティックも使えます。)ソニーはメモリースティックで孤軍奮闘状態でしたが、他のデジカメメーカーと同じSDカードが便利な面が多いと判断したのでしょうか?

メーカーの意地もあるのでしょうが現実的な選択だったと思います。

これで、デジカメを買い替えようとするときにメモリーカードの規格で悩む必要もなくなって、SDカード対応のソニー製で気に入ったデジカメが今後発売されれば、今までより買い易くなると思います。

その他Cyber-shot DSC-TX7の特徴は、近ごろ各メーカーも採用することが多くなってきた裏面照射型CMOSセンサーが撮像素子に使われています。

またコンパクトデジタルカメラでは初のフルHD動画の撮影が出来て、動画撮影でも手ブレ補正が働きます。

一方、写真(静止画)撮影は、明暗差の大きな被写体(特に逆光の写真)がキレイに写せる「逆光補正HDR」を搭載しています。

その他、操作のし易い大型3.5インチのタッチパネル液晶モニターが使われています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ