画素数を抑えたデジカメ。Canon Power Shot S90

IXYの一つ上のクラスに位置づけられているPower Shot S90ですが、IXYや他社のデジカメが1400万画素になってきている中で、1000万画素のカメラとして発売されました。

あえて画素数を抑えて1画素あたりのサイズが大きくしたことで、高感度撮影でもノイズの少ない画像が得られたり、また、明暗差の大きな被写体でも白トビや黒ツブレを少なくなり階調性が豊かな写真が写せるように改良されています。

画素数を競い合うなかで、画質の向上・進化はもっと違う方向もあるのだと提案してきたカメラになりました。

先ずは高級デジカメのPower Shot S90に採用されましたが、これがより多くの消費者の皆様に理解され受け入れられれば、売れ筋のデジカメにも拡がっていき、画素数競争も一段落ついて、もっと違ったところで進化した製品が出てくると思います。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ