キャノン初期のデジカメPower Shot A5

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。


連続して「こんなデジカメもありました」シリーズの第10弾です。

エプソンCP-600と同時期に発売されたキャノンのPower Shot A5 というデジタルカメラです。

その昔、キャノンの IXY はフィルムのAPSカメラに付けられた名前で、デジカメはPower Shot と名付けていました。

当初は、IXY-D (イクシーデジタル)の名前でデジカメにする予定はなかったようです。(関連した書込み:IXY もDigitalがなくなりました。

IXY-D登場前の初期デジカメ

当時のPower Shot A5 の広告には、

“あのAPSカメラ「イクシ」を作ったキャノンから、

センセーショナルなカメラが生まれました。

それは「パワーショットA5」。キャノンが誇る小型化技術を

駆使しポケットに入るXGA(1024×768画素)

クラスの中で世界最小最軽量を実現”

等とあります。

その他のスペックについては

“データ処理に時間がかかり、撮影間隔が長く

なるデジカメの欠点を克服し、フィルムカメラと

変わらないクラス最速のシャッター間隔約4秒を

実現。同梱の8MBのCFカードを使えば

89枚ものXGA画像を記録出来て、

36枚フィルムよりたくさん撮れます。”

その他、今では殆んどのカメラでは原色フィルターが使われていますが、補色フィルターが使われていました。レンズは単焦点(ズームなし)でした。

canonpower shot a5

関連記事

Finepix500
EPSON CP-600
Konica Q-M100V Kodak DC260ズーム


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ