ダイナミックレンジの拡張

立派でも、そして大して詳しくもないのですが、デジカメ関係の用語集を当サイト内にページを作り載せています。

でも、デジタルカメラ等の技術革新によって新しい言葉が生まれています。

何れは用語集にも書き加えていかなければならないと思っています。

そのなかで、今回は「HDR」の機能説明を用語解説的に書いてみました。

デジタル画像では、明るい部分が白トビすると何の色情報もなく、どんなに色・濃度の補正を加えても色が出ません。

明暗差の大きい画像はデジタルカメラは苦手です。この点はフィルム、特にネガフィルムはまだ敵いません。

ネガの方がラチュード/ダイナミックレンジが広いためです。

そこで主にデジタル一眼カメラには、明るい部分が白トビしないように、露出アンダー気味に写しておいて、暗い部分を明るく補正する機能(例:キャノンのオートライティングオプティマイザー)が搭載されだしました。

撮影後にカメラ内での画像処理で擬似的にダイナミックレンジを拡げています。

さらに最近のカメラにはHDR機能が加わって来ています。

HDR(ハイダイナミックレンジ)は、露出を変えて瞬間的に複数回撮影して階調が出ている部分同士を合成するもので、画面全体が明暗差が大きくても階調が潰れていない写真になります。

HDRは、今までカメラマンが同じ画像(三脚に固定して露出を変え撮影した複数の画像)を、家でフォトショップ等の画像処理ソフトで合成していたものですが、それを自動的にカメラ内で行なうものです。

「白トビしない」⇒「自然に見える」ためのHDR機能ですが、何でもHDRで撮影すると明暗差のない写真、逆に不自然な写真になってしまうこともございます。

当然、この機能をOFFにして撮影することが出来ますので、必要だと思った時にだけお使い頂ければ宜しいです。

新機能の特徴を把握した上で、上手く使い分けることでより良い写真になると思います。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ