Konica Q-M100V Kodak DC260ズーム

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。


こんなデジカメもありました第11弾です。

EPSON CP-600 や、Canon Power Shot A5、fujifilm FinePix500 と同時期にフィルムメーカーから発売されたコニカの Q-M100V と、3:2の画面比率で撮影出来たコダックの DC260ズーム です。

Konica Q-M100V

CCD:1/3インチ108万画素

レンズ:39㍉ F値2.8(35㍉換算)

液晶:1.8インチ

記録方式:Exif2.0 (JPEG)

価格:69,800円

CCDのフィルターを前モデルに使われていた補色系から原色系に変更し、色再現性など画質向上を図っています。

電源ON後の起動時間が3,4秒、画像記録時間も約5秒と充分な速度を達成・・・。

現在のデジカメの性能からすると、見劣りするものばかりですがコニカもフジと同様に頑張ってデジカメを作っていました。

Kodak DC260ズーム

CCD:1/2インチ160万画素

レンズ:38~115㍉ F値3~4.7(35㍉換算)

液晶:2インチ 記録方式:Exif2.0 (JPEG) 、FlashPix

価格:128,000円

kodak dc260.gif

コダックから発売されたクラス最高の160万画素と3倍ズーム機。

さすがにボディーはちょっと大きめ。電源ON後、撮影可能になるのは約15秒後、画像記録時間は約12秒とかなり遅いです。

縦位置センサー内臓で、縦写しした画像は液晶でも縦長で表示されます。

また35㍉フィルムと同じ画面比率3:2で撮影できるのが他のデジカメにはない点です。

これらのカメラが登場したのは、98年に日本が初めて出場したサッカーW杯がフランスで開催されていたころでした。

関連記事

キャノンPower Shot A5
デジカメプリントtopへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ