レンズ性能で勝負 コンデジ RICOH GRデジタル3

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

RICOHから最近、レンズが交換できるコンパクトデジタルカメラのGXRが発売されましたが、今回は、コンデジらしいデジカメ(レンズ交換の出来ない、普通のコンパクトデジカメ)であるGRデジタル3を取り上げてみたいと思います。

GRデジタル、同2、と続いて、昨年夏に3代目のGRデジタル3が発売されましたが、他のデジカメと違いモデルチェンジのサイクルがかなり長いのが特徴で、ボディーデザインも踏襲されて殆んど変わりません。

当初より玄人向けのモデルとして売られて来ましたが、2代目に比べて液晶モニターの画質向上や、より高感度撮影での画質向上、さらにF1.9のより明るいレンズが搭載されました。

画素数は1000万画素と変化は有りません。販売価格は7~8万円位だと予想され、価格から見ても高級機になりますが、GRデジタルは初代からレンズ性能に特に拘ったカメラで、高い描写性能を維持するため一貫して、ズームではなく、よく収差補正された贅沢なつくりの単焦点レンズを採用しています。

新しいコンセプトのGXRが発売されましたが、GRデジタル3はより機動性・携帯性を発揮して、私・個人の勝手な予想ですがGXRとは、棲み分けられて共存していけるのではと考えています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ