セブンイレブンのデジカメプリント。出力方式は?

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

昨日、セブンイレブンのデジカメプリントについて触れましたが、今回は特に出力方式や品質についてです。

他のコンビニで受付ているセルフ・デジカメプリントサービスは、昇華型プリンターで出力しているのと違い、カラーコピーと同じ原理でプリントされています。

セブンイレブンではコピーサービスもチケット予約購入も全部1台の機械で行なっています。

コピー機なんかで写真らしい仕上りになるのだろうかと、本当に余計な心配をしてしまうのですが、技術革新により300dpiの出力解像度があり、トナーの粒状性が改善し、プリント面に光沢感を持たせることや凸凹感をなくすことに成功し、さらに銀塩写真(当店で提供しています写真のことです)っぽさを出すため、紙の厚さ、こし、風合いのある専用ペーパーを富士フィルムと共同開発したそうです。

デジカメプリントの色作り、画像処理に関しましても富士フィルムの「イメージインテリジェンス」がここでも使われています。

昨日は、セブンイレブンなんて怖くないと書き込みましたが、ちょっと脅威かも?です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ