夕陽をキレイに写したい。キレイな写真で残したい

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

夕陽を写したが気に入った写真にならない。

またはキレイに写せない等のお問合せなどがありました。

実際に目で見た時のイメージと違った写真になってしまっているようです。

先ず、夕陽または朝陽を背景にして人物が写っている写真ですが、「逆光写真」と呼ばれているもので、基本的には暗く写っている人物を出来るだけ明るく仕上げようと濃度をマイナス補正いたします。

その結果、朝陽・夕陽の色が薄くなった写真になります。

お客様のお好みで、人物が黒くシルエットの状態で良い、または、色をしっかり出す方が宜しければ、ご注文時にメモ欄で御指示頂ければ、出来るだけご要望に沿うようにプリントさせて頂きます。

また、夕陽の燃えるような赤い色が出ない場合でございますが、こちらは撮影時にカメラに「夕陽モード」(機種によって呼称が違います)にシーンモードを合わせて撮影下さいませ。

通常(オート)モードですと、”通常は便利な”ホワイトバランスが、赤色に偏った被写体だと判断し、赤味を抑えてしまい写真は印象的な赤色が出ません。

「夕陽モード」がない機種の場合は、「日中」「晴天」などの撮影モードを選択ください。

さらに、、キレイだと感動して見る夕陽・朝陽は、人の記憶やイメージでは大きな太陽に見えますが、写真にすると意外と小さいと感じる方も多いのではと推測します。

撮影するときは出来るだけ望遠にして写していただくことをお勧めします。

<デジカメプリントの写真現像は、Lサイズのみならず、ワイドで臨場感のあるHVサイズなども格安で受付けている「写真のフロンティア」にお任せください。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ