ホワイトバランスとは?撮影編

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。

御注文時には写真のトリミングも行える多機能なシステムを使用しています。


前回の「ホワイトバランスとは?」に続いて。

カメラまかせでも補正をしてくれているのですが、撮影前のちょっとの一手間で、もっとキレイな写真を撮っていただくことが出来ます。

AWB・オートホワイトバランスで写すばかりでなく、蛍光灯や電球などの光源下に合わせたモードにカメラを設定しておけば、白色の被写体をより白く写すことが出来ます。

一例としまして、プリントご注文いただく中で、ご友人の結婚式を撮影された写真も少なく有りません。

ただ、黄色身が非常に強い写真が目立ちます。

ストロボを使用すれば(ストロボ光は太陽光に近いため「色かぶり」しません。

ただし、ストロボ光が充分に届く距離内で。)まだ良いのですが、ストロボが光っていない写真は電球の「色かぶり」を起こしています。

その様な時はホワイトバランスを「電球」に設定して下さい。

色温度が合っていなく色かぶりを起こした写真⇒ホワイトバランスが適正でない設定で写した写真。

適切なホワイトバランス設定で撮影したもの⇒ホワイトバランスを「電球」にして写した写真。

現像基本編】【ホワイトバランスプリント編


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ