キレイなデジカメ写真の撮り方。ホワイトバランス応用編

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

夕陽や朝陽を撮影するには、「晴天モード」で!と説明させていた出来ましたが、今回は、別の撮影シーン時のホワイトバランスについて述べてみます。

先ず、晴天のときにオートホワイトバランス(AWB)で写してみると、撮影条件によってはちょっと青っぽい写真になる場合があります。

晴天時の撮影は、やはり「晴天モード」がお勧めです。

まだ青が強いと感じたときや、暖かい雰囲気にしたい場合は「曇天モード」にしてみて下さい。

次に、夕方に風景を撮影される場合は、オートホワイトバランスでは、実際よりも赤味を抑えてしまい雰囲気のない写真になってしまいます。

ただ赤ければ夕方らしいという訳では有りませんが、「曇天モード」を使えば夕方らしさを感じる写真になります。

このとき、合わせて露出補正もマイナス気味にしてみるのも面白い効果が出ると思います。

<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ