レアメタル回収事業

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットサービスは写真を現像して仕上げています。写真はLサイズだけでなく、一回り大きくて中高年のお客様から見やすいと評判のKGサイズも人気があり、多くのご注文を承っています。

前回に続き、再び新聞記事からです。

レアメタルの回収事業は、06年に秋田県で始まり08年末には経産省と環境省が回収モデル事業に指定し実施地域も全国7箇所まで拡大しました。

このプロジェクトは、携帯電話やデジタルカメラなどの使用済み小型家電製品をスーパーや公民館などで回収して、回収製品の種類や量、製品毎のレアメタルの含有量の調査も行いリサイクルシステムの構築に向けたデータも集めています。

さらに経産省は「たんすケータイあつめタイ」事業で今年2月末まで、最高5万円の商品券が当たる抽選を行って携帯電話の回収を促しています。

デジタルカメラも、2台目、3台目と買い換えたお客様も多いのではないかと存じます。

使わなくなったデジカメを新機種を買うときに下取りされる方も多くいらっしゃいますが、下取り価格の付かない旧製品のデジカメがお手許にあり、また、お住まいになられている近くに、回収BOXなどがありましたら「たんすデジカメ」を持ち込まれては如何でしょうか。

<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。

KGサイズは一眼レフやミラーレスカメラの高画質が活きる、迫力のある写真プリントでお勧めしていますが、コンパクトデジカメで撮影した画像でのご注文も多いです。

画面の縦横比が合わず、写真の上下が切れて仕上がりますが、一回り大きなサイズを望まれるお客様が目立ちます。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ