新常識。日本は資源大国

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

新聞を読んでいまして、気になった記事がありました。

今後、今以上に需要増が見込まれて、世界的な資源獲得競争が激しくなっているレアメタル(希少金属)についてです。

記事では、かって日本三大銅山と呼ばれた中の一つである秋田県の小坂鉱山があったのですが、輸入資源に押されて94年に閉山されました。

ところが今、この旧鉱山跡地の一角に家電製品の端材が積み上げられていて、産業廃棄物を処理しているように見える工場があります。

しかしゴミを処理しているわけではなく鉱山で培った精錬技術を活かしてレアメタルを取り出しているのだそうです。

携帯電話や液晶テレビなどの製造にはレアメタルが使われていて、その殆どは石油等と同様に海外からの輸入に頼るしかない日本は資源のない国であるといった常識があります。

しかし家電製品の端材に眠っている金、銀、インジウム等は膨大にあり、この量はどの国の埋蔵量より多いのだそうです。

でも、眠っているレアメタルを取り出すことが出来なければ意味がなく、回収のシステムを充実させることが必要です。

一部にショッピングセンターなどに回収ボックスを設置する動きも有るようですが、廃棄物処理法などの現在の法律では家電は一般廃棄物にあたり他の市町村に移すのに手続きが必要であるとか、省庁の縦割り行政の弊害でしょうか様々な規制が足を引っ張っている状態です。

この省庁優先の規制を変えていかないと日本が競争力のある工業製品を作り、勝ち残っていくことは難しくなっていくかも知れないです。

<ネットプリントは実績のある「写真のフロンティア」へお任せ下さい。現像して仕上げる高品質な銀塩写真のフジカラーデジカメプリントを激安価格でご提供しています。

デジカメ動画をテレビでも気軽に見られるDVDディスクに書き込むサービスも好評受付中です。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ