IXY-Dって名前が変?

キャノンのデジカメと言って多くの人が真っ先に思い浮ぶのはパワーショットよりもIXY-Dだと思います。(デジタル一眼のEOSは除く)

ですが最初のキャノンのコンパクトデジカメ名はパワーショットでした。

しかし他メーカーより出遅れた感があって、このパワーショットはあまり人気が有りませんでした。「おことわり:個人的な印象も含んでいます」

そこで、コンパクトに纏った四角いデザインがうけていたAPSカメラのIXYの名前とそのデザインをデジタルカメラに用いてIXY‐Dが発売されました。

その後キャノンは、このIXY-Dでトップシェアをとるまでになりました。

ただ、「パワーショット」もそのまま残り並存する形で現在に至っています。

先ず、APSフィルムカメラの人気機種であるIXYがあり、そのデジタル版であるということでIXY-Dと名づけられたのですが、もともとAPSフィルム用(IX情報を付加したAPSのことをIX240とも呼んでいました)のカメラであると宣言するような格好で「IXY」は、キャノン製コンパクトAPSカメラの名前になりました。

ですから一昔前から写真業界に携わっている者の一人として、IXY-Dの製品名は発売当初より「APS(IX情報入り)カメラのデジタル機」といった意味がよく分らない・どこか妙な感じがして仕方がありません。

勝手な推測ですが、当初からパワーショット(PowerShot)が売れていればキャノンのデジカメのブランド名として、一方のIXYはAPSカメラ名として棲み分けて使われていただろうと思います。

・キャノンはAPSフィルムカメラの一眼レフも、IXを名前に入れて「EOS IX」シリーズが発売されました。

関連性の高い書き込みです(IXY もDigitalがなくなりました。

<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。
画像の縦横比率が4:3の場合はLサイズよりもDSCサイズの方が画面切れが少ない写真に仕上がります。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ