ソニーDSC-F828

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

FinePix40i、プリンカムに続いて久しぶりに「こんなデジカメもありましたシリーズ」?の第3弾です。

今回は5年ほど前に発売されたソニーのサイバーショットDSC-F828というデジタルカメラです。

このカメラは、通常3色(RGB)なのに対し色再現性を向上させるために4色フィルターのCCDを採用していたのが一番の特徴です。

通常の800万画素CCDは、R200万画素、G400万画素、B200万画素になっていますが、このDSC-F828は、RGBに(E)エメラルドを加えた4色カラーフィルターの「4 color Super HADCCD」を搭載していました。

(R200万画素、G200万画素、E200万画素、B200万画素)またCCDのサイズも2/3インチで、現在のコンパクトデジカメの上位機種に使われている1/1.7インチよりも一回り大きなCCDが使われていました。

ただし大きなCCDは高画質なプリントを作る事が出来ますが、当然、レンズもCCDサイズに伴って大きくなり、カメラ本体のサイズも大きく重くなります。

このサイバーショットDSC-F828はデジタル一眼レフ並みの大きさと重さがありました。

そして発売価格は16万円もしました。値段も一眼レフ並みでした。

当時αはコニカミノルタ製でしたので、カメラメーカーの作る一眼レフにソニーが対抗するようにして作られたのがDSC-F828でした。

しかし、現在は2/3インチのCCDを搭載したデジカメはどのメーカーからも発売されていません。

写りの良さを追求したコンパクトデジカメは専ら、1/1.7インチCCDが使われています。

ソニーもERGB(4色フィルター)のCCDを以降に発売されたデジカメに採用されることもなく姿を消してしまいました。

関連記事

プリンカムFinePixPR21
FinePix40i
ディマージュA2、キャメディアC-8080WZ


<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。

一回り大きくて迫力のあるKGサイズが人気です。また、KGサイズはデジタル一眼レフやミラーレスカメラの高画質が活きる写真プリントとしてお勧めです。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ