ディマージュA2、キャメディアC-8080WZ

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

「こんなデジカメもありました」第4弾です。

昨日紹介したソニー・サイバーショットDSC-F828と同じ2/3インチの800万画素CCDを搭載して同時期に発売されていた各カメラメーカーが出していたライバル機について触れてみたいと思います。

一眼レフカメラではないのですが、かと言ってコンパクトデジカメとは呼べない大きさがありました。

サイズの制限が少ない分、当時の画質に妥協せず写りを追及したクラスのデジカメでした。

一眼レフに次ぐクラスのカメラとして発売されて、画素数も800万画素で当時の最高の画素数を誇っていました。

今回ご紹介しますのはコニカミノルタ製とオリンパス製の機種です。

コニカミノルタ・ディマージュA2

dimage-a2.jpg

このカメラにはいち早くテブレ補正機能が搭載されていました。

EVFは92万画素の高精細液晶が採用され、液晶モニターはチルトが出来ました。

レンズは35mm換算で28~200㍉相当の7倍ズーム。

オリンパス・キャメディアC-8080WZ

c-8080wz

以前のデジカメは電源ON後の起動時間が長いのは常識でしたが、このカメラは0.7秒で撮影スタンバイOKに。

レンズは35mm換算で28~140㍉相当の5倍ズーム搭載。

関連記事

ソニーDSC-F828
プリンカムFinePixPR21


<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリント
の「写真のフロンティア」にお任せください。

当ネットサービスはデジカメのマルチアスペクト機能に対応しています。

4:3画像からならDSCサイズ、3:2画像からはWLサイズ、そして16:9画像はHV(ハイビジョン)サイズが画面切れが少なく仕上りお薦めです。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ