FRONTIERメンテナンス終了

デジカメプリント 写真のフロンティア店長・加藤です。

当ネットサービスは写真を現像して仕上げています。

出来れば休業日である昨日(5日)が良かったのですが、交換する部品が間に合わなくて、本日(11月6日)にプリント処理機器である、フロンティアのメンテナンスを行いました。

そのため、昨日中にご注文いただいていたお客様の写真の出荷が1日遅れることになってしまいました。

ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

先ほど作業は完了いたしました。現在は完全に復旧しています。

実施しましたメンテナンスでございますが、先ずはペーパーの搬送部の部品交換から始まりました。

フロンティア部品(シャフト、ギヤなど)⇒ローラーとギヤです。

フロンティアの内部

真新しい白いギヤが、新品に交換したところです。

フロンティアの部品:ペーパー搬送ローラー

こちらは、古くなって機械から外されたローラーです。

黒いゴムの部分が傷んでいます。

ペーパーを確実・正確に搬送するため、新品のローラーに交換しました。

フロンティアの心臓部であるRGBレーザー露光ユニットが到着⇒運送業者様から荷物が届きました。

そのうち、運送業者様から何か荷物が届きました。

精密機械と書いてあるシールが貼られています。

新品のフロンティア・RGBレーザーユニット⇒心臓部であるレーザー露光エンジン

今回のメンテナンスの本丸です。

先ほどの荷物の正体は、レーザー露光ユニットでした。

そして新しい露光エンジンを取り付けたところです。

RGBレーザーが照射されてペーパーへ焼き付けが行われる箇所です

外された露光ユニットを裏返して見ました。

RGBレーザー光が出てくるシャッター部を開けてみました。

細長い小窓があって開閉します。

来ていただいた富士フィルムの技術サポートの方から話を伺うと、ここからレーザー光が出てペーパーに露光させているのだそうです。

あとは、分解したのを元に戻していただいて、プリントの色調整をやっていただきました。

デジカメプリントの仕上がりも良好です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ