CCDの大きさ

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。大切な想い出は色褪せしない銀塩写真にして残しましょう。

デジタルカメラのスペック表に、CCDサイズ1/2.3インチなどと表記されています。

でも実際のCCDの大きさ(対角線の長さ)は、この1/2.3インチでは有りません。

撮像素子が、CCDになる前の撮像管だったころの名残です。

レンズの画角表示に35ミリ換算で表記されることが多いのとよく似ています。

1/2.3インチとは、この大きさの撮像管と同じサイズの画像になるという意味です。

よって、デジカメのCCD1/2.3インチとは、対角線が約11ミリ(25.4ミリ×1/2.3=約11ミリ)ではなく、約7.7ミリになります。

縦横6.2×4.6ミリがCCDサイズになります。

LUMIXレンズ

(デジカメのレンズの裏側。中央の四角い穴を通って、CCDに光を導いています。四角い穴は、縦横ともに数ミリしかありません。)

以前、35ミリフィルムの面積の10分の1くらいだと書き込んでしまいましたが、1/2.3インチのCCDの大きさが6.2×4.6ミリですので計算すると30分の1くらいになります。

そして今では、35ミリフィルムからプリントしていたのと同様にこの小さなCCDで撮像した画像データからプリントしています。

デジカメもちょっと高級機になりますと、1/1.7インチ等と一回り大きなCCDが使われています。

一般的に大きさに余裕がある方が高品質な画像が得られ、プリントの仕上がりもキレイです。

関連記事

イメージセンサーってやっぱり小さい


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ