APSとは?3

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。

何日か続けていますが、今日は「APSとは?3」と題して写真店側から見て、APSはどんな感じだったかを書き込みます。

先ず、店内には35mmカメラの横にAPSカメラをショーウインドーに並べましたが、ミニラボでAPSフィルムの現像&プリントを出来る様に改造しなければなりませんでした。

これもちょっとした設備投資になります。

なかなか直ぐにミニラボを改造できるものでも有りませんので、APS発売後暫らくの間は、プリント処理を現像所(メーカー)へ出してお願いしていました。

納期はどうしても2日程かかりましたので、35mmフィルム同様にミニラボでスピード仕上げしてくれるものだと思って来店されたお客様にご迷惑をおかけしました。

その後、ミニラボの改造や、新型ミニラボへの買い替えを行いスピード仕上げが出来る様にいたしましたが、お客様にHVサイズの仕上がりをお渡ししたら、CHPの切り替えを知らずに撮影されたようで、C(Lサイズ)で仕上がってくると思っていたそうです。

カメラの使い方をお教えしたのですが、プリントタイプの切り替えは便利というよりは、使いにくいといった印象を受けたお客様が多かったようです。

それだけに止まらず、カメラの不具合が原因でCHPタイプの切り替えが上手くいかずに意図したプリントサイズに仕上がらないトラブルも有りました。

カメラを修理されたお客様も見えましたが、修理を行わずに「自分の写したフィルムはどんなプリントタイプになっていても全部C(Lサイズ)でプリントしてくれ」とご注文されるお客様も見えました。

<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。HVサイズやKGサイズも人気があり、多くのご注文を頂いています。>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ