新しいフロンティア(写真現像機)でプリントいたします!

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。

昨日のプリント機器(フロンティア)のメンテナンスは、今までのメンテナンスの中で一番大掛かりなものでした。

ミニラボ「フロンティア」の内部

特に、心臓部であるレーザー露光エンジンユニットを新品に交換しました。

自動車に例えるならエンジンを新品のものに載せ換えたようなものです。(上の写真は露光エンジンを外した本体)

正直、費用の面でもかなり痛いメンテでした。

フロンティアのRGBレーザー露光エンジン

外された露光ユニットです。今までよく頑張ってくれました。

タテ長にして写しましたが、このブログではヨコになったままでちょっと見難いです。ゴメンなさい。

レーザー露光ユニットのアップ写真

外されたレーザー露光ユニットのアップ(接近)写真です。

鈴鹿富士XEROX(株) とあります。富士ゼロックス様が製造していたみたいです。

・今回、フロンティアの一番の特徴であるレーザー露光部を思い切って交換いたしました。

決して故障したわけではなく、交換しなくてもデジカメプリントを問題なく処理することが出来たのですが、ご愛顧いただいているプロのカメラマンの方の、厳しい出荷基準を満たすために行いました。

((2L程度までは問題ないのですが4P・4PWサイズで、テストプリントでグレー1色の画像をプリントしたときに、わずかに色むらが出来てしまう症状。普段のデジカメ画像をプリントしていても全く気付かないレベルのものです。))

既に述べさせていただきましたが、自動車を新車に買い換えたほどではありませんが、エンジンと足回りを全面的に新品の製品に交換したのに匹敵するようなメンテナンスでした。

リフレッシュしましたフロンティアで、どんどんデジカメプリントを処理していきますので、これからもご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ