APSとは?2

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長の加藤です。当ネットサービスは写真を現像して仕上げていますが、単にプリントするだけでなく、任意に部分拡大も出来るトリミング機能がありカンタンに使うことが出来ます。

昨日に続いてAPSのお話です。

暇つぶしとしてご覧ください。

96年に発売になったAPSシステム(カメラとフィルム、そして処理機器など)は、00年くらいにフィルム全体の20%~25%(私・店長の感覚です)を占める位になりましたが、35mmフィルムにとってかわる程の成功とはなりませんでした。

APS規格の一眼レフカメラも発売されましたが、マウント(=レンズ)は35mmと共通の物を使うメーカーも多くて果たして本気でAPSを普及させる気があるのか疑問に感じずにはいられませんでした。

フィルムメーカーもフジはカートリッジで、コダックはカセットとフィルムの呼称もまちまちで、ミニラボ(プリント処理機器)もメーカーにより、インデックスプリントの大きさだけでなく出力方法も違っていました。

また、長所になるはずのAPSフィルムの小型化は、画質が35mmより悪いのではないかと言った声が多くありました。

IX情報を使った新機能でも、フィルムの途中巻き戻し/再装填ですが、カメラ価格を抑えるためにこの機能を省いたカメラが多かったり、上位機種にしかプリント品質向上機能(PQI機能と呼ばれていた記憶があります)が搭載されていませんでした。

次回は、プリント編を書き込む予定です。 では、また。

<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。当サービスは写真のトリミング(画面の不用な部分をカットし整理する)を簡単にできる優れモノです。是非ご利用ください。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ