アメリカのデジカメ写真プリント事情

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットサービスはフジフィルムのデジタルミニラボで写真を現像して仕上げています。色褪せに強く思い出が色褪せません。


今回は、海外、特にアメリカでの写真業界・写真プリントサービスについてちょっと触れてみます。

最新の情報ではなく、細かな数字は07年あたりのものですので予めご了承くださいませ。

ホームプリンターとしてインクジェットプリンターはアメリカでもポピュラーですが、多機能タイプ(マルチファンクションプリンター)が単機能のものより人気があり、値段も下がってきているせいもありよく売れています。

メーカー別のシェアでは、ヒューレットパッカードが50%を超えて断トツのトップです。

つづいてレックスマークや、日本勢のエプソンとキャノンがそれぞれ10%位のシェアになっています。

07年に発売されたキャノンの「PIXMA iP1800」は、店頭価格で49ドル(1ドル=100円で計算すると、4900円)で売られていたそうです。

日本国内向けモデルとは仕様がどう違うのかわかりませんがPIXSUS iP2500と同等の製品に見えます。

ip2500.jpg

また、店頭サービスですが、大手スーパーマーケットなどにプリンターを内臓したキオスクタイプの受付機が多く利用されているようです。

1時間仕上げ~翌日仕上げのプリントサービスも、注文した店へ仕上がりを受け取りに行く人は半分以下で、郵送で受け取るお客様が多いそうです。

店頭でプリント注文されて、仕上がりをお届けするといったサービスは、日本では殆どないやり方です。

<デジカメプリントの写真現像は、格安でも高品質な仕上がりでフジカラー純正プリントの「写真のフロンティア」にお任せください。

ご注文ソフトでは写真のトリミングがカンタンに行えます。

使い勝手が良いと多くのお客様からご支持頂いています。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ