“黄金比”と”白銀比”。Lサイズが多いワケ。

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

当ネットプリントサービスは写真を現像して仕上げています。想い出が色褪せないほんもの写真プリントです。


四角形を見て人が最も美しいと感じる形は、縦横の比率が約1:1.62の四角形だと言われています。

そして、この比率のことを”黄金比”と呼んでいます。

この黄金比は一般的によく知られていますが、そのほかにも、”白銀比”というのも有ります。

黄金比に次いで2番目に美しいという意味から来ているのでしょうか。

比率は、約1:1.41です。(約5:7)

身の回りでは、A4サイズやA3サイズのコピー用紙などが、この”白銀比”が使われていて、

そして、写真プリントでもLサイズや2Lサイズ(5×7インチ)が白銀比率になっています。

Lサイズは白銀比に近いです

コンパクトデジカメを使用されている多くのお客様は、撮影画像(画面比3:4)がほぼ画面ギレなくプリントできるDSCをご選択される方も多いのですが、多少画面ギレはあるもののLサイズでご注文される方が多いのは、やはり、Lサイズの比率が美しいと感じられているからではないでしょうか。

さらに、Lサイズ以上にプリントすると画面ギレを起こすのですが、あえて画面比3:4のコンパクトデジカメでの撮影画像からKGサイズのプリントご注文を頂くことも有ります。

KGサイズは、より黄金比に近いです

KGサイズは、LサイズやDSCサイズ等より大きく迫力があるのも理由の一つだと思いますが、画面比が2:3、即ち1:1.5ですので、白銀比(1:1.41)と黄金比(1:1.62)の中間になり、Lサイズよりも”黄金比”に近い画面比率になっています。

よって、無意識にKGサイズもLサイズと同等以上に美しいと感じられて、ご注文に繋がっているのではと勝手な推測ではありますがそのように思っています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ